バス・タクシーのご用命は株式会社栄和交通までお気軽に。

お問い合わせ
logo
tel

交通安全マネジメント

運輸安全マネジメント

輸送の安全に関する基本方針

株式会社栄和交通は、輸送の安全の確保が自動車運送事業者の社会的使命と深く認識し、全社員に輸送の安全の確保が最も重要であるという意識の徹底を図り、安全マネジメント体制の維持、継続的な改善に努めるため、次のとおり基本方針を定めます。

1.社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全確保に主導的な役割を果たします。 また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾ける等現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
2.運輸安全マネジメント(輸送の安全に関する計画の作成・実行・チェック・改善の一連のPDCAサイクル)を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより及び全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全の向上に努めてまいります。
3.輸送の安全に関する情報について、積極的に公表します。

輸送の安全に関する重点施策

安全方針に基づき、次の項目を踏まえた取り組みを重点施策とする。

1.輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全を管理する規程に定められた事項を遵守すること。
2.輸送の安全に関する費用の支出及び投資を、積極的かつ効率的に行なうよう努めること。
3.輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講ずること。
4.輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有すること。
5.輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これらを的確に実施すること。

輸送の安全に関する平成27年度目標

基本方針に基づき達成すべき成果として、平成27年度の目標を次のとおり定め、具体的な行動を講じてまいります。
(1)全社的な目標
・「無事故・無違反安全輸送の完遂」
・目標の基本「道路交通法の遵守」
・重点目標「交差点事故特に単車・自転車・歩行者との事故撲滅」・「指差確認喚呼の徹底」
(2)交通事故・交通違反件数の削減
・重大事故・・・・・・・「ゼロ」
・人身事故・・・・・・・「ゼロ」
・物損事故・・・・・・・「30%削減」
・車内事故・・・・・・・「ゼロ」
・交通違反・・・・・・・「ゼロ」
(3)輸送の安全に関する具体的な計画
1.本社における運転者研修 2.運転記録証明書を活用して、無事故無違反を目指します
3.山梨県が実施している無事故・無違反運動(SDチャレンジ運動)に毎年参加していきます。
4.ドライブレコーダーの画像や自動車事故対策機構が発刊している危険予知トレーニング(KTY-Ⅲ)用の画像及びデジタルタコグラフのレーダーチャートを分析・活用し事故防止を図っていきます。
5.国・地方自冶体等が提唱する春・夏・秋・年末年始の交通安全運動及び年末年始自動車輸送安全総点検に積極的に参加し、会社あげて各営業所における運行前点呼の立会い・指導を実施していきます。
6.テレビ電話方式のアルコールチェックシステムを活用し、運行前・運行後の点呼のみならず随時測定し飲酒運転の撲滅に努めてまいります。
7.社員相互の声かけ運動を活発に推進し、安全意識と人間関係を醸成し、心身ともに健康で勤務できる勤務環境づくりと人事管理と健康管理に努めてまいります。
8.関係法令及び社内規定の遵守、ヒヤリ・ハット等の小集団教育を機会あるごとに実施します。
9.乗務員の生の声を車両整備(メンテナンスセンター)に反映させ、常に車両の状態を良好に維持するように努めます。
10.事故惹起者に対する指導教育及び再発防止を徹底します。
11.中央研修所等の安全運転研修機関を利用した宿泊型研修を取り入れて運転技術等を習得させ、技術の向上に努めます。
輸送の安全に関する費用支出(予算)
  主な項目 平成23年度予算額
教育等に関する項目 安全教育費(適性診断受診費を含む。) 250,000円
安全表彰経費
外部機関講習委託料
講習会場費等
50,000円
100,000円
50,000円
設備及び機器等に
関する項目
  1. 平成27年度ドライブレコーダー装着率90パーセント
  2. アルコールチェッカーTV電話1台追加導入
  3. スタッドレスタイヤ・タイヤチェーン等
300,000円
100,000円
1,200,000円
内部監査
安全を管理する規程の遵守状況は、内部監査を年1回以上実施し、必要に応じて是正措置又は予防措置を講じます。
情報の連絡体制の確立
事故・災害等に関する報告連絡体制
重大事故・災害発生時等に関する報告連絡体制図(クリックで拡大することができます)

pic

株式会社 栄和交通
代表取締役社長 原田孝典

平成26年度輸送の安全に関する公表

株式会社栄和交通は、平成26年度運輸安全マネジメントに関する取り組みについて、次のとおり輸送の安全に関する公表を行なっています。
1 輸送の安全に関する基本的な方針
社長は、輸送の安全に関する方針、目標および施策の実行に主体的に関与し、これらにかかる予算の確保、組織体制の確立等に必要な措置を講じる。
2 安全方針の社内への周知方法
・月例研修会のほか、「運輸安全マネジメント研修会」を開催して周知徹底を図る。
・本社並びに松本・静岡・東京各営業所の事務室等に掲示する。
・点呼の際に唱和する。
・月例研修会等の機会に全員で唱和する。
・文書配布による指示内容の伝達。
3 輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況
平成26年度安全目標と実績

・物損事故前年度比半減・・・・・30パーセント達成
・人身事故ゼロの記録継続・・・・ 0件継続中
4 自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計
・事故の発生はありませんでした。
5 輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統
・ 詳しくは、別添、安全管理規程をご参照下さい。
6 事故、災害に関する報告連絡体制
重大自動車事故等発生時の連絡体制を参照してください
7 事故、災害に関する報告連絡体制
・平成26年度、行政処分ありません。
株式会社 栄和交通
代表取締役社長 原田孝典

安全管理既定

安全管理規定

目次

a01 a02 a03 a04
HOME 観光バス・貸切バス タクシー ガイドマップ(大菩薩峠) 路線バス時刻表 登山・ハイキング
logo
株式会社 栄和交通
〒406-0002 山梨県笛吹市春日居町別田361-1
TEL : 0553-26-2344  FAX : 0553-26-4322
お問い合わせ
会社案内営業所案内運輸安全マネジメント安全管理規定ご予約・お問い合わせ個人情報保護方針
Copyright © EIWA KOTSU CO., Ltd. All Rights Reserved.